2017年08月31日

「千年塚の呪い」制作経過1

「千年塚の呪い」の主な登場人物がすべて完成しましたので
本日よりゲーム制作のプログラミングに入ります。

プログラミングについては、Unityで制作します。

ゲーム制作に使用するUnityのアセット

PlayMaker(アセット)
ベース(骨組み)用、下記のアセットを総合的にコトロールして複雑に分岐するシナリオを作ります。
↓詳細(英語)
↓PlayMakerは使うべき

宴3(アセット)
テキストやCG・ムービーなどの管理やノベルの再生など
↓詳細

Flash Animation Toolset(アセット)
FLASHで制作したコンテンツをUnityに移植します。
ゲーム用の動的GUIや電脳プロファイリングなど
↓詳細

PlayMakerは、他のアセットを呼び出して、ビジュアルな感じで超簡易的にプログラミングできます。
各アセットのいいとこ取りですが、これがUnityの長所であります。

とりあえず、VR抜きで制作を進めて行きます。
プロローグとステージ1が完成しまたら、アップしますので、
ぜひとも、プレイをよろしくお願いします。(PC版)

追伸、
タイトル名について
「千年塚の呪い」〜新怨霊戦記エピソード1〜
と変更しますので、よろしくお願いします。
posted by スタジオWING at 00:24| Comment(3) | 創作日記